中学生の平均身長と体重を徹底調査しました。

中学生という成長期の子供をもつ親御さん、うちの子成長遅いかも?とご心配されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

中学生は、心も身体も大きく成長するタイミングになります。

 

成長ホルモンが豊富に分泌される時期で、この時期が身体の成長のピークと言えます。

 

中学生の平均的な身長は何cmで、体重は何kgなのか?徹底調査することで、成長の度合いを考えてみることにしましょう。

 

中学生の男女別の平均的身長というと・・・。

 

中学生 男子

  • 1年生:152cm
  • 2年生:159cm
  • 3年生:165cm

 

男子は中学生の間に平均で13cm身長が伸びるという統計データが出ているようです。

 

男子は一般的に中学生のときに成長ホルモンの分泌がピークと言われていて、
中には1年間で10cm以上身長が伸びる子もいますが、個人差はあるようですね。

 

中学生 女子

  • 1年生:152cm
  • 2年生:155cm
  • 3年生:156cm

 

女子は中学生の3年間で平均4-5cm程度、身長が伸びるという統計データが出ているようです。

 

男子と比較して女子は身長の伸びがさほど大きくないようです。

 

それには2つ理由があります。

 

1つは、最終的に大人になっても男子に比べて女子の方が身長が低いためです。

 

もう1つは、女子の成長ホルモンの分泌のピークが、9〜12歳の小学校高学年のためです。

 

女子は小学校高学年に身体が大きく成長しますので、早熟傾向が強いようです。

 

 

中学生の男女別の平均的体重については・・・。

 

中学生 男子

  • 1年生:43.9kg
  • 2年生:48.8kg
  • 3年生:54.0kg

 

男子は中学生の間に平均で13cm身長が伸びるので、その分、体重も大きく増えます。

 

中学生 女子

  • 1年生:43.7kg
  • 2年生:47.1kg
  • 3年生:49.9kg

 

女子も体重は5〜6kgは増えます。

 

大人になったときの最終的な身長は、15〜18歳で完成します。

 

そのため、成長期である中学生のときにしっかり身長が伸びるきっかけ作りが必要となるわけです。

 

身長が伸ばすうえで大切なポイントは何であるか?

 

  • 睡眠をしっかりととること。
  • 栄養をしっかりと摂ること。
  • 十分な運動をすること。

大切なのは、この3点になります。

 

 

Dr.Senobiru(ドクターセノビル)の公式サイトはこちら

 

 

>> 中高生の成長サプリのランキングに戻る