中学生の身長が伸びない原因はなぜか?

中学生という成長期の子供をもつ親御さん、周りの子に比べて、うちの子身長低くないかな?と、ご心配されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

身長は、見た目でわかるので、余計に気になってしまうもの。

 

中学生の身長について調べてみましたので参考にしてみてください。

 

中学生の男女別の平均的身長というと・・・。

 

中学生 男子

  • 1年生:152cm
  • 2年生:159cm
  • 3年生:165cm

 

中学生 女子

  • 1年生:152cm
  • 2年生:155cm
  • 3年生:156cm

 

女子に比べて、男子のほうが伸び率が高いのがわかります。

 

 

そこで、身長が伸びない原因について調べてみましたので参考にしてください。

 

その原因を知ることによって、生活改善できる場合もあるかと思いますので、調査していきたいと思います。

 

まず、原因の一つとして睡眠不足が挙げられます。

 

中学生になると、勉強や部活動などで忙しい毎日を過ごすことが多くなって、睡眠時間が遅くなりがちの傾向があります。

 

人は眠っている間に「成長ホルモン」が分泌されます。この成長ホルモンは、体の成長に欠かせないものです。

 

この成長ホルモンの分泌の条件として、主に以下の2点が挙げられます。

 

  • 午後10時から午前2時の間にしか分泌されないものである。
  • 就寝してから約2時間後に出始める。

 

このことから、午前0時以降に就寝すると、成長ホルモンが分泌されないこととなります。

 

夜更かしが多くなり、午前0時以降に就寝していることが増えてしまうと、十分な睡眠時間が確保されていたとしても身長は伸びにくくなってしまいます。

 

身長を伸ばしたければ、早目に寝るように心がけるように改善しましょう。

 

次に挙げられる原因としては、栄養不足です。

 

偏った食生活、お菓子ばかりを食べている、といった子は要注意です。体の成長にはバランスの整った食事が不可欠となります。

 

栄養として吸収したカルシウムを、お菓子によって体外へ排出してしまうからです。

 

身長を伸ばしたければ、お菓子ばかり食べることは控えましょう。

 

運動不足も原因の一つです。

 

適度な運動は、骨や筋肉などに負荷がかかります。その負荷を治す効果があるのが、毎晩寝ている間に出ている成長ホルモンです。

 

この成長ホルモンのよる修復は、負荷がかかって傷んでしまった骨や筋肉を修復することで、修復前よりもより強く成長させることができます。

 

適度な運動と睡眠の相互作用によって、身長が伸びやすくなるというわけです。

 

以上の3つの原因について当てはまっていないかを考えてみて、その生活習慣を見直していきましょう。

 

 

>> 中学生の成長サプリのランキングに戻る